本文へスキップ

|  定款  |  理事会議事録  |  会員情報変更  |  退会届  |  リンク  |

事務局からのお知らせ

奈良県医療安全推進センター講演会・活動報告会開催についてのご案内new

2018年3月27日(火)に平成29年度奈良県医療安全推進センター講演会・活動報告会が奈良県橿原文化会館にて開催されます。対象者は奈良県内医療従事者・関係者となっております。詳細は下記PDFファイルをご参照ください。なお、参加申し込みは3月20日(火)までとなっております。



平成30年3月18日

臨床工学技士の役割拡大に関するアンケートのお知らせ

2018年2月10日(土)から日本臨床工学技士会会員情報システム“プリバド”にて「臨床工学技士の役割拡大に関するアンケート」が実施されています。本アンケートを通じて臨床工学技士の業務範囲やスキルの拡大の可能性とその問題点や課題、会員の皆様の意識の変化などを把握する目的で行われるものです。締切日は2月28日(水)までとなっております。ご協力よろしくお願いいたします。

日本臨床工学技士会    理事長 本間 崇
                         手術室業務検討委員会 担当理事 萱島 道徳
                         日本外科学会     西田 博 田林 晄一
平成30年2月18日

条件付きMRI対応心臓植込みデバイス運用システム変更のお知らせ

旧来より条件付きMRI対応心臓植込みデバイスはMRI撮像の際に必要な各種要件が厳格に規定されておりました。 施設基準では所定の研修を終了した臨床工学技士(又は臨床検査技師)が必須であり、全国の当会会員の多くがこの研修を受講し、その任にあたっていると思います。
昨年9月まではこの「所定の研修」はメーカーごとに実施(WEB上)されていましたが、昨年9月以後は統一WEBサイトが開設(一般社団法人日本不整脈デバイス工業会:JADIAが委託)され、全施設は今年の2月末までに新しいシステムに移行するようにアナウンスされています。新システムへの移行期限は今月末日(2018年2月28日)までとなっていますのでご注意ください。

不整脈デバイス患者のMRI検査情報サイト研修・施設登録のご案内
不整脈治療業務検討委員会
                         担当理事 野村 知由樹
                         委員長  前川 正樹
平成30年2月9日

医療功労賞 杉邑前事務局長 表彰

この度、当会会員で、長年にわたり事務局長を務められてきた、杉邑芳樹前事務局長が「第46回医療功労賞」(読売新聞社主催、厚生労働省、日本テレビ放送網後援)を受賞され、平成30年2月7日に日航奈良ホテルで授賞式が執り行われました。
これまでの、杉邑様の技士会活動へのご貢献と多くの臨床工学技士の教育に尽力されてきた事に敬意を表すと共に、益々のご活躍を祈念致します 。

一般社団法人奈良県臨床工学技士会 森 諭司
平成30年2月8日

第9回ねごろ医用実学研究会講演会

2018年3月10日(土)に「第9回ねごろ医用実学研究会講演会」臨床工学技士の職域の拡大を考えるV『救急集中治療と臨床工学技士』が近畿大学生物理工学部(和歌山キャンパス)にて開催されます。詳細については下記のリンクをご覧ください。


平成30年2月3日

第8回Pacemaker Step Upカンファレンス In 奈良 開催のお知らせ

2018年3月17日(土)に「第8回Pacemaker Step Upカンファレンス In 奈良」が開催されます。詳細については下記のリンクをご覧ください。 当セミナーは事前参加登録制となっておりますのでご注意ください(定員30名ほど)。また、セミナー受講者においては“不整脈治療専門臨床工学技士認定制度 参加3単位”が取得可能となっています。


ペースメーカステップアップカンファレンス
平成30年1月15日

医療機関における電波の安全性に関する説明会のお知らせ

2018年2月9日(金)に「医療機関における電波の安全性に関する説明会in大阪」が開催されます。説明会では、医療機関においてより安心・安全に電波を利用するための方策等について分かり易く説明していただきます。詳細については下記のリンクをご覧ください。


近畿地域の医療機関における電波利用推進協議会
総務省近畿総合通信局
平成30年1月15日

奈良バイタルサインセミナーのお知らせ

2018年3月10日(土)に「奈良バイタルサインセミナー‐周術期管理としてプレハビリテーションを考える‐」が開催されます。詳細、参加申込用紙については下記のリンクをご覧ください。なお、FAXによる参加申し込みのほかに日本光電Webサイトからも申し込むことができますのでご参照ください。

  
平成30年1月12日

不整脈関連のセミナーのお知らせ

2018年2月25日(日)に第6回阪神コメディカル不整脈研究会、2018年3月18日(日)に第8回近畿デバイスカンファレンスが開催されます。両セミナー共に“不整脈治療専門臨床工学技士認定制度 参加3単位”が取得可能です。

 第6回阪神コメディカル不整脈研究会 
 第8回近畿デバイスカンファレンス  

平成29年12月29日

バスキュラーアクセス管理に関するアンケートのお願い

(公)日本臨床工学技士会(日臨工)では、2016年4月に「臨床工学技士のためのバスキュラーアクセス日常管理指針 -初版-」を策定しております。この指針策定以降、透析医療の現場でバスキュラーアクセス(VA)管理がどのように変化したかを継続的にモニタリングするため、毎年、同じ時期、同じ期間で日臨工HPのプリバドを用いたアンケートを実施させて頂くことにしました。 そこで、会員の皆様にはお手数をおかけして誠に申し訳ありませんが、出来るだけ多くの方にアンケートのご協力をお願いいたします。


(公社)日本臨床工学技士会 血液浄化業務検討委員会
バスキュラーアクセス研修会運営委員会
平成29年11月12日

ミャンマー支援活動、ヤンゴン医療技術大学のMEコース非常勤講師の募集

「ミャンマー医療機器担当人材育成プロジェクト」を日本ミャンマー協会、岡山大学、日本臨床工学技士会、そしてJICAとの連携で進めることとなりました。一回渡航で4〜5日(一週間)単位で医工学の科目の講義や実習を英語で行って頂ける臨床工学技士の方を募集いたします。なお、本プロジェクトはJICA事業であり、渡航費用の負担は無く、また日当もJICA規程です。つきましては、ご賛同いただけ、非常勤講師を引き受けていただける方は、奈良県臨床工学技士会事務局まで連絡をお願いいたします。
日本臨床工学技士会
平成29年10月13日

臨床工学技士の放射線照射について

会員の皆様におかれましては、平素より当会の活動に、ご理解を賜りお礼申し上げます。
臨床工学技士が、X線装置の操作を行なっていた事例報告が(公)日本臨床工学技士会よりありました。放射線を扱う医療機器は人体への影響が大きいため、診療放射線技師法で、医師・歯科医師または診療放射線技師しか操作できないと定めており、臨床工学技士が放射線照射の操作をすることは、違法となります。会員の皆様におかれましては、再度、周知徹底のほど宜しくお願い致します。

平成29年9月27日

医療ガスの安全管理について(通知)

平成29年9月6日付け、厚生労働省医政局長より通知がありましたので お知らせいたします。  


平成29年9月21日

当会会員が人命救助に貢献し受章

自己の危難を顧みず人命の救助に尽力したとして、当会会員の梶原聡司さんが今春の勲章で紅綬褒章を、8月3日に内閣総理大臣賞を受賞されました。  

平成29年8月12日

(一社)奈良県臨床工学技士会創立25周年記念式典及び祝賀会について

平成29年6月25日に一般社団法人創立25周年記念式典を執り行い、皆様のご協力、ご支援のもと無事に終えることができました。
多くの御来賓のご臨席を賜り、また多くの会員,賛助会員にも参加頂き、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
今後とも、奈良県臨床工学技士会が、臨床工学技士だけでなく他の医療従事者に対しても、有益な研鑽の機会を提供出来るよう努力していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
理事長 森 諭司
平成29年6月30日

平成29年度 医療機器安全基礎講習会開催について

公益財団法人 医療機器センター主催『平成29年度 医療機器安全基礎講習会』が全国の各会場にて開催されます。
詳細・お申込みは下記のリンクをご覧ください。



平成29年5月18日

「ようこそ集中治療室へ 〜臨床工学技士・集中治療業務の魅力〜」の発行について

(公社)日本臨床工学技士会 集中治療業務検討委員会から臨床工学技士の集中治療業務を紹介する冊子「ようこそ集中治療室へ 〜臨床工学技士・集中治療業務の魅力〜」が発行されましたので、お知らせいたします。

平成28年12月27日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報 No.119 」の提供について

標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼がありましたので、お知らせします。

平成28年10月20日

奈臨工バーベキュー大会の報告

9月24日に開催したバーベキュー大会の参加報告を掲載します。

平成28年10月17日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報 No.118 」の提供について

標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼がありましたので、お知らせします。

平成28年9月27日

ニプロiMEP研修ツアーの報告

iMEP研修ツアーの参加報告を掲載します。

平成28年8月4日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報 No.115 」の提供について

標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成28年6月21日

「熊本地震 支援物資」について

4月19日に被災された熊本県へ近畿臨床工学技士会連絡協議会(2府4県)から支援物資(水・日用品)約20万円分を聖マリア病院の支援物資供給センターに奈良県全会員の気持ちと一緒に直接届けました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

平成28年5月24日

「PMDAメディナビの更なる普及及び利用促進」について

標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。



平成28年4月22日

「医療機関において安心・安全に電波を利用するための手引き」について

標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。



平成28年4月22日

医療機関等からの医薬品、医療機器又は再生医療等製品についての副作用、感染症及び不具合報告の実施要領の改訂について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。



平成28年3月30日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報  No.110 」の提供について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成28年1月18日

医療事故情報収集等事業第43回報告書の公表について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。
なお、文中別添2につきましては、日本医療機能評価機構のWebsiteに掲載されている報告書168〜193ページをご覧下さい。

平成27年12月28日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報  No.109 」の提供について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成27年12月21日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報  No.108 」の提供について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成27年11月19日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報  No.107 」の提供について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成27年10月19日

「医療事故事故情報収集事業第42回報告書の公表について」


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。


平成27年10月15日

医療事故情報収集等事業「医療安全情報  No.106 」の提供について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成27年9月16日

「医療事故情報収集等事業平成 26年年報の公表について」


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成27年9月15日

「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器等へ及ぼす影響を防止するための指針」について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。

平成27年9月15日

「手術領域医療機器の操作・管理術」が(公社)日本臨床工学技士会 手術室業務検討委員会より刊行されました。


平成27年9月15日

医療機器情報収集等事業「医療安全情報 No. 105 」の提供について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。



平成27年8月20日

大阪府臨床工学技士会主催「第1回臨床工学技士体験セミナー」


標記について、当技士会より森副理事長と井ノ上理事が参加しましたので、報告します。

平成27年8月15日

酵素電極法を用いた血糖測定に使用する医療機器及び体外診断用医薬品に係る「使用上の注意」の改訂について


標記について(公社)日本臨床工学技士会事務局より周知依頼が届きましたので、お知らせします。



平成27年7月27日

一般社団法人 奈良県臨床工学技士会

〒634-8522
奈良県橿原市四条町840番地
奈良県立医科大学附属病院
医療技術センター内

TEL・FAX 0744-29-8020